Top >  査定について >  基本的な査定基準

基本的な査定基準

幼児通信教材の査定額は買取店によってまたは教材の種類や年式によって異なりますが、基本的な買取価格設定基準というものがあるので参考にして下さい。大体一般的な商品の場合は、中古品市場の売買相場の10パーセントから20パーセントの価格で買取が行われています。しかし、教材の類は需要も多いので少し価値が高く、売買相場の30パーセントから高いもので60パーセント前後で買取を行うのが一般的です。

ただ商品自体に価値があっても、汚れやキズ、破れやシミ、日焼けやカビなどがひどく状態が悪いものや、発売から10年以上経っているようなかなり古い教材だと価値が下がるので、商品相場の30パーセント以下での買取となるか若しくは買取不可となる場合もあります。逆に最新式で発売されてからまだあまり日が経っていない人気の教材で状態がいいものだと、売買相場の70パーセント以上の買取金額がつく場合もあります。例えば3年前に50万円で購入した人気の幼児通信教材が、今現在中古品が20万円前後で販売されていたとすると、状態がよいものなら8万円前後位で買取してもらえる可能性があるということになるようです。

だから手持ちの幼児通信教材のおおまかな買取価格を知るには、ネットオークションなどの中古販売市場で自分の教材の相場やどの位の期間で売れたかを調べておくことも大切だと言えます。幼児通信教材の売買相場は日々変化していき、古いものの価格は時間の経過とともに下がっていくので、思い立ったら早めに買取に出すことをおすすめします。

査定について

関連エントリー

基本的な査定基準 英語教材 知育教材