Top >  オークションを活用しよう >  メリット・デメリット

メリット・デメリット

幼児通信教材の買取には店頭買取や郵送買取、ネットオークションの利用といった色々な方法があります。幼児通信教材を早く買取に出したいという方なら、店頭買取がおすすめです。教材をお店に持っていけば、その場で教材の中味や状態を確認して買取金額を提示してもらえるのでとても簡単です。また目の前で査定してもらえるので、状態についての説明ができるし、査定額に納得いかなければ持ち帰ることもできます。ただ教材が大量にある場合や雨の日は運ぶのが大変だし、お店が遠方にある人だと利用しづらいというマイナス面もあります。

更にお店によっては出張買取を実施しているところもあるので、お店まで行く暇がない人や近所にお店がないという人には便利です。また出張料がかからないお店が多く、自宅で教材を用意して待っているだけでいいのでとてもラクです。ただ、出張可能な地域が決められているので該当地域にない場合は利用できないし、せっかく来てもらっても希望するほど査定額が高くないという場合もあります。

そして郵送買取の場合はお店に出向かなくてもいいので時間に縛られることなく、また近くにお店がない、出張可能地域外の人でも利用できます。しかし、自分で梱包しないといけないので教材が大量にある場合はちょっと面倒だし、査定額と実際の買取額が異なる場合もあるといったデメリットもあります。またネットオークションを利用しての幼児通信教材買取は、絶対売れるというわけではないし出品から配送までの手続きを全部自分が請け負わなければならないので手間がかかります。でも自分で価格設定ができるので上手くいけば高値で買取ってもらえる場合もあるし、買取店に出すのとは違い売れた時の喜びを感じることできます。それぞれの買取方法のメリットとデメリットをよく把握して、自分に一番適した方法を選びましょう。

オークションを活用しよう

関連エントリー

ネットオークションを利用 ネットオークションを有利にする メリット・デメリット