Top >  査定について >  英語教材

英語教材

買取対象となる幼児通信教材の中でも、高値がつきやすい教材があるので紹介していきます。特に英語学習を目的とした幼児通信教材は、需要が多いので買取価格も高くなる傾向にあります。

まずワールドワイド株式会社のディズニー英語システムDWEは人気があるので、査定額もそれなりに高いようです。ディズニー英語システムDWEは、子供が喜びそうなDVDや歌の入ったCD、ブロックやぬいぐるみなどのおもちゃやシール、マラカスや太鼓といった楽器を使って楽しく英語を学べるという点で人気があります。新品だとセットで数万円から数十万円するから元手が高いというのも、査定額アップの理由の一つです。

更に、画面がテンポよくコロコロとかわるDVD教材が子供を飽きさせないとして人気がある中央出版のペッピーキッズや、単語帳やCDがついているグースキーの冒険も高価買取が見込める英語学習用の幼児通信教材です。またいずみ書房のセサミえいごワールドや学研のファーストイングリッシュ、世界の名作ストーリの絵本とCDがセットになったラボ教育センターのラボパーティーも買取価格ランキングでは上位を占めています。

他にもおなじみのECCジュニア英会話教室で使われている教材やベネッセのこどもチャレンジイングリッシュ、公文式英語や子供に大人気のアンパンマン英語DVDなどは比較的高値がつく傾向にあります。英語教材では教材の一部が欠品したり傷ついている場合でも、単品で売り出せるので買取してもらえるケースもありますが、できればセットでそろえた方が査定額もアップします。

査定について

関連エントリー

基本的な査定基準 英語教材 知育教材