Top >  高価買取のコツ >  手入れで綺麗にする方法

手入れで綺麗にする方法

できるだけ幼児通信教材の高価買取を目指すためには、教材を手入れしてきれいにしておくことも大切です。そこで簡単な幼児通信教材の手入れ法について紹介するので、是非実践してみてください。まず教材の教本は1ページ、カードは1枚ずつ丁寧に見て汚れや落書きなどの確認をしましょう。落書きや黒ずみは消しゴムでこすればほとんど落とせますが、こすりすぎて破れないように気をつけましょう。また表面に光沢のあるカードは、メラミンスポンジという繊維が細かいスポンジに水を少し垂らしてこすると消しゴムで落ちない汚れも落とせる場合があります。

更に、CDやDVDケースのホコリなどはウェットティッシュでふき取ればきれいに取れますが、それでも落ちない場合はメラミンスポンジを使いましょう。CDやDVD本体はとてもデリケートなので、ティッシュで拭くと逆に細かいキズがついてしまうので止めましょう。めがね拭きか専用のクリーナーと布を使って、丁寧にふき取る方法をおすすめします。また、CDケースや箱、カードなどにシールが張ってある場合はキレイに取れそうなら自分ではがすことをおすすめします。100円で売っているオイルライターのオイルを布に垂らして軽くこすると、意外と簡単に取れる場合もあります。しかしはがそうとして痕が残りそうな場合は、買取店に任せた方がよいでしょう。

また機材やビデオ、CDやDVDはきちんと作動するかどうかあらかじめチェックしておきましょう。故障している場合は自分で直すのは難しいので、その旨を買取店に正直に伝えることが手続きをスムーズに行うためには大切です。更に、ビデオテープを長期間使っていないとカビが生えている場合があります。カビ取り専門の業者もあるので、買取価格内であればカビ取りを依頼するのも一つの手です。

高価買取のコツ

関連エントリー

買取店の選び方 高価買取のコツ 手入れで綺麗にする方法 買取に出すタイミング 高価買取が望めない場合