メイン

10教材の買取について アーカイブ

2010年11月04日

幼児通信教材の買取方法

子供が成長し、小さい頃に使っていた幼児通信教材が物置で眠っているという人も多いでしょう。幼児通信教材を扱っている買取専門店もあるので、この機会に買取に出してみてはいかがでしょうか?

幼児通信教材の買取方法として一般的なのが、お店に持ち込む店頭買取です。幼児通信教材を専門で扱っているお店も増えてきましたが、一般的にはまだ少ないので近所のリサイクル店などで扱っているかをあらかじめ問い合わせてみたほうがよいでしょう。お店に持ち込めば、その場ですぐに査定してもらえるのでとても効率的です。しかし教材がたくさんあると持ち運びに大変だし、思ったよりも買取価格が上がらなかったという場合もあります。また電話一本で出張買取にきてくれるところもあるので、大量にある場合や持ち運ぶ手段がない場合は利用すると便利です。

更に、梱包して宅配便で送るという郵送買取を行うお店もあります。自分で梱包する手間は少しかかりますが、近くに買取店がない場合やお店まで行く暇がないという人におすすめです。郵送買取の場合は、あらかじめ無料査定を行っているお店も多いので色々なお店に査定依頼して、買取価格を比較してみるとよいでしょう。

また、ネットオークションを利用しての買取方法もあります。ネットオークションは出品の手続きから梱包、発送と全てを自分でやらなければならないので手間がかかるし、必ず売れるとは限りません。しかし買取価格を自分で設定できるので、上手くいけば買取店を利用するよりも高値で売れる可能性もあります。

買取店の店頭買取

使わなくなった幼児通信教材があるなら、お店に持ち込んで買取をしてもらうのも一つの手段です。幼児通信教材だけを扱う専門の買取店は近所であまり見かけないかもしれませんが、一般のリサイクルショップや古本店などでも扱っているところは多いようです。お店が見つかったら幼児通信教材を取り扱っているか、扱っていれば教材の種類や状態などを伝えてどのくらいの値段になるか事前に聞いたり、ホームページに買取価格表を提示しているお店もあるのでチェックしましょう。

また店頭買取であっても、事前に電話やFAX、メールでの査定や来店時間の予約を行っているお店もあるので確認しておきましょう。更に、買取金額によって運転免許証やパスポートといった身分証明書の提示が必要となるので忘れず持参しましょう。店頭買取の場合は自分でお店まで持っていけば目の前でチェックし、現金化してもらえるので一番簡単でスピーディーに買取ができます。査定では一般に中古市場で人気がある教材かどうかという教材の内容と、欠品や汚れがないかという状態のよさが重視され買取価格が決定します。

更にお店まで教材を持ち運ぶ手段がない、お店まで行くのが面倒だという人には出張買取の利用がおすすめです。出張買取の流れとしては、電話やメールで買取の申込をして、簡単な査定を行った後自宅訪問の日時を決めます。後は約束の日時までに教材をそろえておけば、スタッフが自宅を訪れ査定を行い、査定額に納得すればその場で現金化されるか後日振込みとなります。出張買取が行える地域は決まっているし、教材の量によっては査定に時間がかかり一時預かりとなって後日査定額の連絡がなされる場合もあるのでよく確認しておきましょう。

買取店の郵送買取を利用

近くにお店がない、お店まで出向く余裕がないという人なら幼児通信教材買取店の郵送買取を利用すると便利です。郵送買取を行っている買取店は多く、ネットなどで簡単に探せます。あらかじめ無料で査定を行っているお店がほとんどなので、メールや電話、FAXなどで教材の種類や内容、状態を伝えて見積もりをしてもらいましょう。

査定の際には、教材に欠品があったり傷や汚れ、シミなどがある場合や機材が故障している場合などは正直に伝えるようにしましょう。汚れがあるのに敢えて言わないなどで仮査定を行い、いざ商品を発送して本査定に入った場合は思いがけず査定額が下がる場合もあります。教材が一部紛失していても買取してもらえる場合が多いので、あらかじめ伝えておいたほうが買取の際の印象がよくなります。

査定を依頼したら数日で査定額の見積もりの連絡が来るので、金額に同意できれば買取申込の連絡をして教材を梱包します。申込書をホームページからプリントアウトして、必要事項を記載します。更に買取価格が1万円を越える場合は、法律で運転免許証や健康保険証の写しといった身分証明書の写しが必要であると決められているのでお店に確認し、必要であれば申込書と一緒に同封しましょう。梱包ができたら、指定の宅配業者に連絡して集荷に来てもらい発送します。教材が買取店に到着すると早速本査定が行われ、正式な査定額の連絡が来ます。査定額に同意したら、数日で口座に現金が振り込まれるという流れになっています。

郵送買取利用の注意点

幼児通信教材の郵送買取を利用する際には、気をつけたい点があるのでチェックしておきましょう。一番注意したいのが、梱包の方法です。CDやDVDやCDが入っているケース、付属の機材などはとてもデリケートなので郵送時の衝撃で破損してしまうこともあるので注意が必要です。

ダンボールに詰める際には、まず壊れやすいモノは梱包材で包みます。ダンボールに隙間が出来れば、新聞紙を丸めたものや梱包材の残りでしっかり隙間を埋めるようにすれば、荷物が衝撃を受けてもクッションの役割をしてくれるので教材を保護できます。更に、梅雨時など雨が多い季節であればダンボールをビニールで包んでおくと中に水がしみ込みません。

ただいくらきちんと梱包していても、教材が買取店に届いた際に思いかげず破損していたという場合も稀にあります。そんな時は発送時は壊れていなかったことを証明するためにも、梱包前に幼児通信教材の写真を撮っておくことをおすすめします。いざというときは写真を見せれば、自ら破損させたのではないことが分かります。また配送時に破損した場合は、宅配業者がどのような対応をとってくれるのかもきちんと確認しておくことも大切です。ほとんどの宅配業者では郵送時の破損については保障してもらえます。数十円程度の保険料で手厚く荷物の保障をしてくれる宅配業者もあるので、保険をかけておくと保障が有利になります。

また買取を依頼して発送したけど、査定額に納得がいかない場合は返送してもらえます。しかしほとんどのお店では発送時と異なり着払いで送り返されるので、覚えておきましょう。

About 10教材の買取について

ブログ「幼児通信教材の買取なび」のカテゴリ「10教材の買取について」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しい順番に並んでいます。

次のカテゴリは20オークションを活用しようです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type